• Home
  • >
  • 子育て情報
  • >
  • 🍰こどもとつくる 簡単☆かわいい和のロールケーキレシピ🍰
子育て情報
2019年2月1日 10:31 食 暮らし

🍰こどもとつくる 簡単☆かわいい和のロールケーキレシピ🍰

🍰こどもとつくる 簡単☆かわいい和のロールケーキレシピ🍰

こどもとつくる簡単かわいい和のロールケーキレシピと美しい切り方のコツ

 


1 巻きやすくて切りやすいミニミニロールケーキ

 2月の行事といえば「節分」「バレンタイン」。

そして、わたしたちひとを含め、動植物にとって自然な月のリズムでは、今年は2月5日が新年です。

 

新しい年の始まり、気の置けないひとたちとの冬の集いに、細くてかわいい和のロールケーキをつくってみませんか?

 

 

巻きずしのようにまきすを使うと簡単です。

小さなスポンジケーキを、オムレットのように一周折りたたむだけなので難しくありません。

 

 

生クリームの代わりに、白いんげん豆からできる白あんを使うので、室温でも「だれない」「つぶれない」。

お子さんでも「切りやすい」「扱いやすい」ですよ。

 

 

スポンジケーキは、卵や乳製品なしのものを焼いたり、市販のものを利用すればさらに簡単。

正方形や長方形の焼き型がなくても、円のままでOK。

スライスして使うので、ひとつのスポンジケーキから3~4個できますよ。

 

 

ワンカットずつ密封して冷凍保存しておくと、急なお客さまにもそのまま出せて、みんながゆったりできます。

あたたかいお番茶やお煎茶と合いますよ。

 


 

2 簡単でかわいい桜の塩漬けロールケーキの作り方

春につくった桜の塩漬けを刻み、あんクリームに練りこみました。ほんのりきいたお塩と桜の香りが、和の気分。

材料については、おうちの方針によって、いかようにもアレンジなさってくださいね。

 

<材料>

・スポンジケーキ 1枚

・白あん 適量

・桜の塩漬け 適量

 

<作り方>

  • スポンジケーキを薄くスライスし、まきすの上に置きます

*厚いと巻くときに割れやすいので、通常の1/3~1/4の高さがおすすめです

*正方形の型で焼くと、端まで包める本式ロールケーキになります

*写真では、まきす、オーブンシート、スポンジケーキの順に置いています

 

  • 白あんをよく混ぜます

*白あんは手作りでも、市販のものでもOKです

*泡だて器でよく混ぜると口当たりがよくなります

*お好みで、生クリームを加えると、クリーミーに。写真は2割加えたもの。

 

(3)みじん切りした桜の塩漬けを、お好みの混ぜます

   *余分な塩を落としておきます

*花びらだけを使うとより美しい

   *味見しながらお好みのしょっぱさに

 

(4)スポンジケーキの中央にあんクリームを乗せます

*いちごなどのくだものを入れる場合は、中央に一列になるように

 

(5)まきすでくるりと巻いたらできあがりです

   *ちいさなお子さんなら、両手で両端から持ち上げてはさむと簡単です

 *まきすに巻いたまま冷やして形を安定させると、切り分けやすいですよ。

 


 

3 ロールケーキがつぶれない美しい切り方5つのコツ

断面がぼろぼろになったり、むぎゅっとつぶれたりすることはありませんか?

おうちの包丁でも美しく切れますよ。

 

(1)なじませる時間をおく

組み立ててすぐではなく、なじむまで少し時間をおくとよいです。

いうなれば、材料のみなさんが一体感を持つ時間。

ロールケーキやホールケーキに限らず、サンドイッチ、巻き寿司、押し寿司もしかりです。

その間に、片付けやセッティングなどをすれば、待ち時間を有効活用でき、ロールケーキも待たれているプレッシャーを感じないかも。

 

(2)ケーキを冷やす

今回はあんクリームなのでしっかりしていますが、よりしっかりします。

クリームの配分が多い場合はことさらです。

まきすに巻いたまま、乾燥しないように袋に入れて、冷蔵庫に入れておくとよいです。

 

  • ナイフをあたためる

断面の摩擦をできるだけ減らすことが、美しく仕上げることにつながります。

50度くらいのお湯であたためたナイフは、接したクリーム部分を一瞬溶かすので、つきにくくなります。

ケーキをしっかり冷やしていると、すぐに断面が形を保つので美しくなります。

 

(4)切る度にナイフを拭く

同じく、摩擦を減らすためです。

上記の工夫をしていても、多少クリームや生地はつくものです。濡らした布巾やペーパーで拭き取りましょう。

 

(5)ナイフは前後に動かす

下に押すのではなく、そっと前後させるとよいです。

あせらず、ナイフの重みで降りていくイメージで動かすと、きれいに切れます。

 

その他、ナイフの代わりに「清潔な糸」を使う方法もあります。糸の素材はなんでもOK、毛羽のない細いものがよいです。

ロールケーキの切りたいところに糸を回して、交差させ、引いて、抜き取ればできあがり。

こちらも一回ごとに拭くか、あたらしい部分を使うときれいですよ。

 


 

4 切り方やトッピングのアレンジ

 

(1)和三盆×金箔

  白あんクリームだけを巻き、和三盆と金箔を飾ったシンプルな「和三盆ロール」。

 

(2)桜塩×ホワイトチョコレート

  桜の塩漬けの塩を混ぜた白あんクリームにホワイトチョコレートをちらした「ホワイトロール」。

 

(3)黒豆×抹茶

荒く刻んだ黒豆を加えた白あんクリームに抹茶をふらせた「黒豆抹茶ロール」。

  おじいちゃんの無農薬黒豆と、自然栽培抹茶です。

    スポンジケーキの生地に、ココアや炭のパウダーを混ぜると、色味の変化も楽しめます。

 

(4)栗×さつまいも

    刻んだ栗きんとん、または焼き芋や焼き栗を混ぜ込んだ「モンブランロール」。

  生地に塗るクリームに、洋酒を加えるのもよし。

    カットしてから、さらに自由にデコレーションすると楽しいですよ。

 

  刻んだ栗が口金に詰まる時は、ビニール袋に入れて小さな穴をあければしぼれますよ。

 

(5)その他のロール

春のいちご、夏のいちじくやブルーベリー、秋のぶどう、柿に梨、冬のみかん…。

バナナなど年中あるフルーツや、柚子などのジャムも、季節問わずのお助けアイテムです。

 


 

5 ロールにならなくてもいい

 美しい巻き方や切り方をご紹介しましたが、本当はなんだっていいのです。

「つぶれた!」「たおれた!」と笑っていただけば、ますますおいしいかもしれませんね。

 

大切なひとたちと、または自分へのごほうびに、お茶の時間を持てることはなんとありがたいことでしょうね。

おなかと相談しながら、前後の食事で調整して、おなかもこころもすっきりぽかぽか。

暦の上では立春ですが、まだまだ気温の低い時期。どうぞあたたかい時をお過ごしくださいませ。

 


こども寺子屋・おとな寺子屋

栁原 里実さん

「この時代に、この場所に生まれた、いま持っている心と身体で、この季節に、ここで手に入るものを、大切な人とまるごと味わう」をモットーに、簡単な英語表現を交えながら、四季の行事や暮らしの手作りを楽しむ教室「こども寺子屋」「おとな寺子屋」を主宰している。

ブログ:五感まるごと☆四季を愉しむ寺子屋だより -What a Wonderful Everyday Life in Japan!-