• Home
  • >
  • 子育て情報
  • >
  • 秋を慈しむ。紅葉をおうちでたのしむ「親子でできるかんたんおしゃれな秋の小物づくり」~置くだけ編~
子育て情報
2016年10月19日 15:00 暮らし

秋を慈しむ。紅葉をおうちでたのしむ「親子でできるかんたんおしゃれな秋の小物づくり」~置くだけ編~

秋を慈しむ。紅葉をおうちでたのしむ「親子でできるかんたんおしゃれな秋の小物づくり」~置くだけ編~

秋ですね。すっかり高くなった空の下、美しく澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込みましょう。

すがすがしい、軽やかな気持ちになりますね。

0

庭のさるすべりの枝を見あげると、発光しているかのようにまぶしい紅葉です。

形を整えるのをかね、数本分けてもらい、束ねて花瓶にさしました。下に葉を丸く散らすと、小さな木が立っているようになりました。

 

1

庭で集めた、この季節限定のグラデーションです。


thinkstockphotos-466415262

さあ、森、林、公園…大きな木のいるところへでかけましょう。赤に、黄色に、はらはらと落ちている「秋の手紙」を拾いましょう。

落ちたての水分のまだある葉は、光って美しい上に、あつかいやすい。カラカラに乾いて、道の端に吹き寄せられた葉は、わざとその上をカシュカシュ音を立てて歩くのが楽しい。

2

拾った落ち葉は、水で洗い、水気を拭いておきます。


簡単クラフト

―置くだけ、乗せるだけ、一か所留めるだけ―

 

道具は葉っぱだけ。お皿の周りに置くだけで、食卓が真っ赤な秋に変わります。

3

[りんごあめ。アルプス乙女などの姫りんごを、あめにくぐらせるとできあがり]

*****

いつもの急須やティーポットに、葉っぱを一枚、両面テープでちょこんとつけてあげると、秋専用のお茶になります。

4

[ほうじ茶、柿の葉茶、栗やさつまいもなどの香りつきの烏龍茶。あったかいお茶でおなかの中からほっ]

*****

大きめの葉っぱは、おやつのお皿に。

5

[かぼちゃのマフィンにかぼちゃの種をさして]

*****

パンや焼菓子の皿に乗せると、いっぺんに秋。

6

[全粒粉きなこスコーン、栗の渋皮煮ペースト]

*****

カトラリーレスト(スプーン・フォーク置き)にも活躍。

7

[そば粉クレープ、かぼちゃスープ、秋野菜の重ね煮]

*****

ろうそくの下に飾って。

%ef%bc%98

[柿の豆腐アイスクリーム、栗のパウンドケーキ、豆乳ティラミス]

*****

黄色い葉っぱもかわいらしい。

9

[さつまいもジェラード、さつまいもチップス]

*****

10

黄色くなった紫蘭(シラン)、蝋梅(ロウバイ)、ヘクソカズラ。立体的に飾るのは楽しい。

*****

11

たくさん落ちているイチョウは、たくさん拾って、食卓一面に。銀杏も拾えますように。

*****

こげ茶色の葉っぱなら、シックなティータイム。

12

ボールと粘土で作った白かぼちゃの下に敷いて、大人ハロウィン。

*****

赤い実は、箸置きにぴったり。

13

[土鍋さんまごはん]

*****

14

食卓に飾るのはもちろん…[秋の食卓]

*****

数本束ねて、スワッグに。

15

[薪ストーブ用の薪をおめかし]

*****

針金でつくった枠に細い針金で留めて

16

[秋の実リース]

*****

青い実と綿の実で

17

[シックなリース]


次回は [秋を慈しむ。紅葉をおうちでたのしむ「親子でできるかんたんおしゃれな秋の小物づくり」~貼るだけ編~]

ほんの少しだけ 手を加えて、立体的にクラフトしていきます。

道具はもちろん「葉っぱ」。そして「どんぐり」も登場します。

お気に入りの小さい秋、見つけておいてくださいね。

*****

いつもがわくわく

こども寺子屋・おとな寺子屋

栁原 里実さん

DSC_0516 trimmedtiltedboqued

「この時代に、この場所に生まれた、いま持っている心と身体で、この季節に、ここで手に入るものを、大切な人とまるごと味わう」をモットーに、

簡単な英語表現を交えながら、四季の行事や暮らしの手作りを楽しむ教室「こども寺子屋」「おとな寺子屋」を主宰している。

ブログ:五感まるごと☆四季を愉しむ寺子屋だより -What a Wonderful Everyday Life in Japan!-