• Home
  • >
  • 子育て情報
  • >
  • 鏡開きはいつするの?何故するの?意外と知らない餅文化
子育て情報
2017年1月7日 21:00 学び

鏡開きはいつするの?何故するの?意外と知らない餅文化

鏡開きはいつするの?何故するの?意外と知らない餅文化

鏡開きって何日にするのが正解なの?そもそもどうして鏡開きをするの?

そんな、知っているようで知らない「お餅にまつわる文化」について

四季の行事や暮らしの手作りを楽しむ教室「こども寺子屋」主宰の栁原里実先生にお話をお伺いしました!


お餅を食べる女の子

rogo「鏡開きは、1月の何日にするのが正しいのですか?」

栁原里実先生(冬) 東は1月11日、西は15日、

その他20日など地域によります。

元々は、二十日正月といって1月20日に行われていたところ、鏡開きを定着させた3代将軍徳川家光が、慶安4年4月20日に亡くなり、月命日である20日を避けるために、1月11日への変更の通知がなされたそうです。幕府の影響力の大きさの違いにより、地域差が残っていると言われているようです。

rogoへぇ〜!そんな歴史が背景にあるのですね。鏡開きと江戸幕府が関連しているなんて知りませんでした。

 

*****

 

rogo「結局のところ、今年は何日にすれば良いのでしょうか?」

栁原里実先生(冬) 1月11日。

その他15日、20日など。

その方それぞれが大切に思われている、それぞれの慣習を大切にされるのがいいですね。

 

*****

 

rogo「鏡餅を飾る作法・開く作法等はありますか?」

栁原里実先生(冬) 刃物で「切る」ことを避けて、たたいて割ります。

鏡開きをする女の子

「割る」ということばではなく、縁起のよい「開く」いう言葉をつかうのは、言葉の響きの力、ことだまを大切にする文化だからこそですね。

 

*****

 

rogo「そもそもどうして正月にお餅を飾るのでしょうか?」

栁原里実先生(冬) いのちを与えてくれる稲、お米。

自然の恵みに感謝し、皆でついてまとめる丸い形は、三種の神器の一つである鏡をあらわしています。

餅箱

新しい年を迎えられる感謝を込め、お供えした鏡餅は、元旦にお迎えした歳神様が松の内の間おられる、依代(よりしろ)になります。

rogoなるほど。

鏡餅は、その1年の神様が宿っている神聖なものなのですね。

 

*****

 

rogo「決まった日に鏡開きをするのは、特別な意味があるのでしょうか」

栁原里実先生(冬) 神さまへの感謝を込めてお供えしたものを、後にお下がりでいただき、神さまの御霊とともにからだの中に取り込むことを、「直会(なおらい)」といい、祭礼や伝統的な行事でみられます。

お正月の鏡開きには、松の内のあけた時、神さまの宿る鏡餅をお下がりとしていただくことで、こころと身体を育てる意味があります。

 

*****

 

rogo 「お餅を使ったおすすめのレシピを教えてください!」

栁原里実先生(冬) ● 色々な種類のお餅 ●

 

おもちをついて、熱いうちに丸める「丸餅」。

薄くのばす「伸し餅」。

伸し餅を四角く切る「切り餅」。

関西に越してきて初めて聞いた「ねこ餅」は、桜エビや青のりを混ぜ込んでついて、まくら状にまとめたもの。

お餅を丸める 丸餅

いそべ、きなこ、あんこ、大根おろし、納豆などでいただきます。

いちごと餡をくるんでいちご大福や、豆を混ぜ込んで豆大福などは、つきたてならでは。

 

● 揚げる ●

油で揚げて、だししょうゆでいそべにすると、コクが出ます。

揚げた餅を、だしに入れ、かつおぶし、大根おろしなどで揚げ出し風に。

小さく切った餅をざるなどに広げて、天日か冷蔵庫で3~5日乾かしてから、揚げると、さくさくおかきに。塩、青のり、カレー粉などアレンジもたのしい。

お餅を干す おかきとぜんざい

 

● 焼く ●

【和風ピザ】 クッキングシートを敷いたフライパンに餅を並べ、だししょうゆ、鰹節、青のり、チーズ、お好みでちりめんじゃこやツナをのせ、ふたをして、極弱火で20~30分焼くと、力の出るおいしい和風ピザです。

お餅をお好み焼きやピザに乗せて焼くときは、小さく切ると火が通ります。

和風ピザ

トマトソース、ホワイトソース、マヨネーズなどで、玉ねぎ、じゃがいもなどとグラタンも。 

 

栁原里実先生(冬) 「残ったお餅の大量消費レシピ」ということばは、なんと贅沢なことでしょうね。食事の時間が来たからおなかがすいてないけれど食べるのではなく、こころと身体をたくさん働かせ、工夫して、適量を感謝していただく。身体も軽く、力を発揮できるような食べ方を楽しめたらと思います。

 


 杵臼

rogo「お餅やお米に関する年中行事、日本は本当に多いように思います。他にどのようなものがありますか?」

栁原里実先生(冬) お正月をはじめ、

桃の節句のひし餅、端午の節句のちまき餅などの節句行事や、お盆、お彼岸、田植え、刈り入れなどの季節の行事、また、結婚、出産、一升餅などの吉時にもかかせないものとされてきました。

もち米 餅つき

節分などには、おめでたい紅白餅が撒かれることもあります。私が小さい頃は、新築の家の棟上げの日には、紅白餅やおひねりが撒かれ、楽しく拾ったことを思い出します。

rogoお餅が撒かれている光景、テレビのニュースでもよく観ますね。こどもの頃に経験した「家族行事」「地域行事」は、大人になってからより強く記憶に残る気がします。

 

*****

 

rogo「<一升餅>という行事、はじめて聞きました。どのような行事なのでしょうか?」

栁原里実先生(冬) こどもの一歳の誕生日に、

丸い一升(約2キロ)のおもちを、一升と一生をかけ、「一生円満に過ごせますように」「一生食べ物に困らないように」と願いを込めて背負わせる吉事です。

他に、地域によって、餅の上に立ったり、歩いたらよし、倒れたらよしなど、さまざまなバリエーションがあるそうです。

rogoこどもに対する想いもあって、由来の言葉あそびも効いていて、面白いですね。

 


 

rogo一升餅について調べてみました。

● 近頃の一升餅ママはカシコい! ●

一般的には風呂敷にお餅を包んで背負わせるそうなのですが、最近は「ベビーリュック」にお餅を入れて背負わせるご家庭も多いそう。確かにベビーリュックなら、1歳の誕生日が過ぎた後でも普段使いができますよね!!

(参考サイト:一升餅本舗

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

● マムズのベビーリュック ●

マムズ・マートのオリジナルブランド「mama!mine!」では、お子さまのお名前が入れられるベビーリュックを販売しています。こちらも、一升餅にピッタリのリュックですね!!

現在、マムズ・マート公式Instagramにて モニターモデルを募集中です!応募締切は2017年1月22日。この機会にお得にgetしてくださいね。

 

マムズ・マートで販売しているお名前入りベビーリュック&ママバックをもっとたくさんの方に知って頂きたいと思い、モニターモデルを募集させていただくことになりました!よろしくお願いします☆ モニターで使用するリュック等は、こちらでセレクトしプレゼントさせていただきます! 私達と一緒にベビーリュック&ママバックを盛り上げてくれるベビー&ママ(パパも大歓迎♡)ご応募お待ちしています! - ■【応募締切】1月22日 - ■【応募条件】 ・mams.mart.jpのフォロワーの方(これからフォローされる方もOK!) ・お座りができてリュックが使用できるようになったベビーから身長95センチくらいまでのキッズ ・ベビーリュック&ママバックを使用したお写真をインスタグラム、その他のSNSに掲載可能な方 ・日本に在住の方 ・アカウントを公開されている方 - ■【応募方法】 こちらの画面をスクリーンショットしていただき、ベビーのお名前、月齢、ママバックにつける刺繍のイニシャル1文字を記入して下さい。 最後に #マムズマートモニター募集 #mamamine #ベビーリュックママバック を、付けて投稿してください。 マムズマートアカウントからイイねが付けば応募完了となります。 モデルに当選された方の投稿は、マムズマートのインスタ、ブログ、ホームページなどでご紹介させていただきます。 たくさんのご応募お待ちしていますっ♡ - #マムズマート #モニターモデル募集 #mamamine #ベビーモニターモデル募集 #ベビーパパママモデル #お名前入りギフト #出産祝い#お誕生日祝い #世界にひとつ #ベビー #子ども服 #ママバック #お出かけ #オリジナル #かわいい #ベビー服 #マタニティ #出産 #赤ちゃん #ff #follow #フォロー #フォローミー #bag #instababy #fashion https://www.mams-mart.com/gift/

マムズ・マート公式さん(@mams.mart.jp)が投稿した写真 -


rogo 話が逸れてしまいましたが、

皆様が健康で円満に過ごせる一年になりますように願いを込めて・・・。

 

「柳原先生、お話お聞かせくださりありがとうございました。」

栁原里実先生(冬) ありがとうございました。

 


いつもがわくわく

こども寺子屋・おとな寺子屋

栁原 里実さん

栁原里実先生(冬)

「この時代に、この場所に生まれた、いま持っている心と身体で、この季節に、ここで手に入るものを、大切な人とまるごと味わう」をモットーに、

簡単な英語表現を交えながら、四季の行事や暮らしの手作りを楽しむ教室「こども寺子屋」「おとな寺子屋」を主宰している。

ブログ:五感まるごと☆四季を愉しむ寺子屋だより -What a Wonderful Everyday Life in Japan!-